2018年2月27日 東京大学伊藤国際学術研究センター伊藤謝恩ホールにて
第2回 日本生物防除協議会シンポジウムが開催されました
多数の方々のご参加をいただきまして、当シンポジウムは皆様の
ご協力により盛況の内に終えることができました。
誠にありがとうございました。


 【 シンポジウム 】
日  時   2018年227日(火)  11:00~17:50
会  場   東京大学伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール    (東京都文京区本郷7丁目3-1)
TEL:03-5841-0779  FAX:03-5841-0932
URLhttp://www.u-tokyo.ac.jp/ext01/iirc/access.html
主  催   日本生物防除協議会   http://www.biocontrol.jp/
後  援   ●農林水産省 ●国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業研究センター 
●日本植物病理学会 ●日本応用動物昆虫学会 ●日本農薬学会
●一般社団法人 日本植物防疫協会 ●公益財団法人 日本植物調節剤研究協会 
●一般社団法人 農林水産航空協会 ●一般社団法人 全国農業改良普及支援協会 ●農薬工業会 
●全国農業協同組合連合会 ●全国農薬協同組合  




2018年2月27日(火) シンポジウム プログラム

プログラム
11:00   開 会
11:05   (基調講演) 「昆虫病原菌のファイトバイオームにおける生態学とそれを考慮した防除法」
         帯広畜産大学 環境微生物学研究室  小池 正徳
休憩   12:05~13:05
13:05   (特別講演) 「新しいIPM資材 青色LEDによる光殺虫効果」
         東北大学大学院農学研究科  堀 雅敏



14:05


14:30


14:55
 
  (IPM事例報告)

「長野県における生物農薬を活用したアブラナ科野菜の病害防除の取り組み」 
         長野県野菜花き試験場 佐久支場  石山 佳幸

「宮城県におけるIPMの現状と今後の展望」

         宮城県農業・園芸総合研究所  関根 崇行

「性フェロモン剤によるカキ害虫防除の取り組み」

         島根県農業技術センター  澤村 信生
休憩   15:20~15:35
15:35


16:00


16:25




「アカメガシワクダアザミウマの利用技術の開発」
         高知県農業技術センター  下元 満喜

「天敵にとって不利な条件を我々の技術開発で克服できるのか?」

         鹿児島県農業開発総合センター  柿元 一樹

「宮崎県での総合的作物管理体系の普及状況~“宮崎方式ICM”の定着に向けて~」
         宮崎県総合農業試験場  黒木 修一
 
16:50   声明発表 「日本の生物農薬の利用促進に関する声明」
         アリスタライフサイエンス(株)   和田 哲夫
17:00   閉 会
17:05   ポスターセッション
18:00   懇親会